あるある!葬儀での失敗談

喪服を準備する

このページでは、葬儀に参列した際に気を付けなければいけないマナーについて調べてみました。

まず、お悔やみの言葉ですが、仏教や神道では、「まことにごしゅうしょうさま(ご愁傷様)でございます。」というのが一般的なようです。
ここで、言葉が出てこない…!なんてこと、ありますよね…。

キリスト教式では、少し違ってきて、「安らかにお眠りになられますように…。」等、「神のもとへ召されていった」という感じをお伝えするようです。

ご葬儀の際、遺族の方々は大切なご家族を亡くして、心が傷ついておられると思います。
そんな時には、言葉には非常に気を付けたいところです。

一般的に言われていることですが、繰り返しの言葉は避けたほうが良いようです。
「たびたび」「もう一度」「重ね重ね」「繰り返し」などは使わない方が良いようです。
また、故人が急にお亡くなりになられた場合には、「突然のご不幸」といった言い回しや、亡くなられたことも「他界された」を使う等、決まった言い回しがあるようです。
少しでも、相手の感情を傷つけない配慮が必要ですね。

またお香典ですが、香典とはお通夜や葬儀の時に、持参する現金のことを言います。
一般的には、友人や知人、勤務先の上司・同僚は5千円くらい、親族の場合は1万円くらいが目安だそうです。

一緒に葬儀に参列される方々と、前もって相談しておくのも良い方法だと思います。

またお香典に使うお金は新札ではなく、普通の使用した感のあるお札にします。

いつ起こるか誰にも予測できないものであるご葬儀…。
焦らないためにも、普段の日に、少しずつ準備しておきたいものですね。

気を付けたい!葬儀でのマナー

葬儀が急に入った場合、喪服やかばん、靴なども一揃い準備しなくてはなりません。 私事で恐縮ですが、何年か前に急に葬儀に参列しなければならなくなり、古い喪服を着て出かけましたが、失敗でした。 いざという時に慌てないためにも、喪服について調べてみます。

葬儀の中でのマナー

葬儀では、座っていることが多いですが、お焼香の場もありますね。 色々な宗教によって違いますが、故人にひとりひとりお別れをするという意味では似ているのではないかと思います。 このページでは、仏教のお焼香について、またキリスト教の献花について調べてみました。 ご葬儀に参列される際にお役に立てれば幸いです。

お子さんが一緒の場合

親族のご葬儀に参列される場合、お子さんも一緒に参列されることもあると思います。 大人の場合は前述しました喪服を着ていけばよいのですが、お子さんの場合はどのような恰好で参列したら良いのでしょうか? 葬儀におけるお子さんの喪服について調べてみました。

トップへもどる